日本アミノ酸液工業会はあらゆる加工食品のおいしさづくりに貢献いたします。

たん白加水分解物の安全性

国際的な規格(コーデックス規格)を満たしています

たん白加水分解物は、大豆などの植物性たん白質やゼラチンなどの動物性たん白質を原料とした食品素材です。2008年7月にコーデックス委員会で安全確保のための基準・規範が策定されました。日本アミノ酸液工業会会員企業が製造している「たん白加水分解物」は基準・規範を順守しており、安全が確保できている事を確認しております。

ここで、たん白加水分解物に関して誤解を受けがちであるクロロプロパノール類に焦点をあててみます。

クロロプロパノール類(3-MCPD、1,3-DCP)は、油脂を含む食品原料を加熱した際に生成する物質の一種です。 1990年代にこれらが発がん性物質との疑いがかけられたので、JECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門委員会)が2001年と2006年の二度、EU/SCF(Scientific Committee for Food, 欧州食品科学委員会)が2001年に評価を行いました。JECFAは3-MCPDに発がん性は認められなかったと結論づけました。
一方、JECFAの評価により1,3-DCPは発がん性物質であることが確認されましたが、動物実験の結果から、食事由来の1,3-DCPの摂取による人の健康への懸念は低いと結論づけました。たん白加水分解物では、1,3-DCPと3-MCPDの生成濃度に相関があり、また1,3-DCPの濃度は3-MCPDの濃度より低いので、コーデックス委員会は3-MCPDに最大基準値を設定して、食品中のクロロプロパノール類を管理することにしました。

コーデックス委員会が策定した酸加水分解植物たん白を含む液体調味料中の3-MCPDの最大基準値は0.4mg/kg。(0.4mg/kgのとき、1,3-DCPは検出限界以下となる値である。)

この数値は、製造工程で適切な低減措置を実施した場合に技術的に達成可能なできるだけ低い値として設定されています。

また、日本人の醤油由来の3-MCPD摂取量を推定すると、2012年の日本人一人当たりの醤油摂取量は約21g/人/日((醤油生産量÷人口)ですので、仮に醤油のすべてが100%のたん白加水分解物であったとしても3-MCPD濃度(最大0.09mg/kg(日本アミノ酸液工業会のサンプル分析値))から計算すると、3-MCPD摂取量は約1.9μg/人/日となります。体重60㎏の人の場合、0.03μg/㎏体重/日となり、JECFAが設定した暫定耐容一日摂取量(2μg/kg体重/日)よりも低い値となっています。

たん白加水分解物が醤油や加工食品等の原材料の一部として使われていることを考えると現在の食生活実態では、3-MCPD摂取量が極めて低いレベルであることがわかります。

ページトップへ